ランプベルジェ〜癒しのランプ〜

ランプベルジェについて2

ランプベルジェについて検索してみると、ねずみ講やらマルチ商法やらという言葉が出てくるサイトがあります。ちょっと長くなるけど、そのことについてよくわかる記事をみつけたので引用して紹介します。
 
ランプベルジェ社はフランスに本社を置く会社です。日本を含むアジアの販売は?というと台湾に本社の有るデジタルクラウンホールディングス(DCHL)が販売をしております。
 

ランプベルジェ社じゃないの?って・・・そこがちょっとした皆さんの誤解や分かりにくさなのですが・・・。
 

ランプベルジェ社の現社長とDCHLの社長が学校の同級生で仲良し!?だったようです。そのため日本を含むアジアの国々ではランプベルジェ社製製品の営業・販売はDCHL社が行っているのです。

フランスやアメリカではデパートや雑貨屋さんで売られています。お店によって価格も異なります。でもアジア地区ではDCHL社がアムウェイ社やニュースキン社と同様の販売手法をとっています。

それがマルチだ!という方もいらっしゃると思います。私がランプベルジェという製品を知り、いろいろ調べると日本ではDCHL社の会員の方から購入するか、会員の方に紹介してもらって会員になって購入するしかないと分かりました。

実際詳しい日本でのDCHL社の会員のかたの活動は分かりません。

ここまでランプベルジェ専門店ベルジェカラーズさんのHPから引用させていただきました。

これ読んで分かることまとめると、、

1、ランプベルジェ社の製品はアジアではDCHL社が販売している。

2、日本ではそのDCHL社の会員の人から購入するか、自分が会員になって購入するしかない。

3、こういう販売方法なのでねずみ講とかマルチ商法という話になる。

っていうことかな。

結局どうなのか?安全なのか?ってとこはランプベルジェについてでも書いたように、フランスでは多くの人が使っていて知名度も高く、そのアロマランプはもともと薬剤師の人が作ったということで安全性はしっかりしてます。

あとはどう買うかってことで、会員の人から買うのが別に気にならないって人はいいけど、それが不安とか嫌っていう人は、このブログでも紹介しているように、インターネット販売店を利用するのをオススメします。

ネット販売店はフランスからランプベルジェの製品を直輸入しているところが多いんで、安めに買うことができちゃいます。

このブログでも、そういう販売店の商品を紹介していくんで、参考にしてもらえると嬉しいです。

長くなったけど、最後まで読んでくれた人ありがと!
少しでも参考になったと思ってくれた人はクリックしてくれると嬉しいです
人気blogランキングへ


ランプベルジェ〜癒しのランプ〜トップへ



| Comment(1) | TrackBack(1)

ランプベルジェ〜癒しのランプ〜

ランプベルジェについて

最初なんでランプベルジェについて簡単に説明を


ランプベルジェ社(Lampe Berger)はフランスのブランドで、1897年より芳香アロマの研究・開発を行っています。

ランプベルジェ社のアロマランプは芸術性豊かなデザイナー達の手により、室内インテリアやコレクターズアイテムとしても高い評価を得ています。

大英博物館入りの作品も多数有り、コレクションとしての価値も高まっています。


ってな感じで、そのアロマランプをじゃんじゃん紹介していくぞ〜!

 
| Comment(0) | TrackBack(0)


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。